GONZOOブログ

猫背(ねこぜ)型の特徴【姿勢改善×骨盤矯正】

 

ごんぞう爺さん

ごんぞうじいさん

 

GONZOO(ごんぞう)ブログとは?

カラダについてごんぞうじいさんができるだけわかりやすくご説明するブログです。

 

GONZOOブログ登場人物>

−猫背(ねこぜ)型の特徴−【姿勢×骨盤矯】

こんにちは!ごんぞうじいさんです。
今回は【姿勢改善×骨盤矯正】ページの中で説明している【猫背(ねこぜ)型】の特徴について詳しくご説明して行きたいと思います。
【姿勢改善×骨盤矯正】へ戻る場合はこちら>>

ごんぞう爺さん

−目次−
1.背中が丸まっている
2.頭部が前に出てしまっている
3.肩が丸まっている
4.肩が凝りやすい(肩こり)
5.腕があげにくい
6.まとめ−猫背(ねこぜ)型の特徴

1.背中が丸まっている

脊柱(せぼね)は24個の骨が積み重なって構成されており、もともと自然な湾曲があります。脊柱(せぼね)のうち胸椎(12個)は滑らかな後弯(後ろに湾曲)していますが、この湾曲が強く、より丸まってしまっている状態を猫背(ねこぜ)と言います。

胸椎の後弯が強くなってしまっている状態がいわゆる猫背(ねこぜ)という状態のようじゃな。

ごんぞう爺さん

2.頭部が前に出てしまっている

猫背(ねこぜ)型の特徴として頭部が前方に出てしまっています。頭部は非常に重く(体重の8-10%)、頭部が前方に少し出ているだけでこれを支えるためにカラダには大きなアンバランスが生じます。

頭部はよくボウリングの玉くらい重いと言われる、体重50kgの方は約4kgくらいはあるということじゃからこれを支えるということは大変な負担のようじゃな。

ごんぞう爺さん

3.肩が丸まっている

猫背(ねこぜ)型の特徴として肩が丸まってしまっています。肩甲骨が外転(外に開く)してしまったり、肩関節が内旋(内側にひねる)している状態です。

いわゆる巻き肩の状態じゃな。

ごんぞう爺さん

4.肩が凝りやすい(肩こり)

猫背(ねこぜ)型の特徴として肩周りの筋肉の緊張バランスが崩れ、くびこりや肩こりになりやすいということがあります。また、くび肩こりがひどくなると筋緊張型の頭痛になってしまう可能性もあります。
 
 
【くび肩こり研究所プロジェクト】はこちら>>

猫背(ねこぜ)が原因でくびこりや肩こりを感じることも多いようじゃな。

ごんぞう爺さん

5.腕があげにくい

猫背(ねこぜ)型の方は胸椎の動きが悪くなってしまったり、肩の動きが悪くなることによって腕をあげにくくなっている場合があります。またこのような状態で腕を上げると五十肩など肩の痛みの原因にもなってしまいます。

腕を耳の横にまっすぐ上げることができない状態になっていることが多いようじゃ。

ごんぞう爺さん

6.まとめ−猫背(ねこぜ)型の特徴

さていかがじゃったかな?
猫背(ねこぜ)の特徴に当てはまることはあったかな?

ごんぞう爺さん

 

そういえば最近なんか背中が丸まってきたような気がするわ…。

ごんぞうばあさん

 

私も最近肩が丸まってきた気がする…。

ローラ

ローラ

Comments for this post are closed.

腰痛

少し前に腰痛のあった小林です。一口に腰痛と言ってもいろいろなタイプがあるのをご存知でしょうか。座っていると出る …

指先のしびれ・指の痛み

最近お越しいただいている方になんだかやたらと多い症状があります。 それは「指先のしびれ」「指の痛み」などです。 …

足のむくみ

11月になり寒い日が続いていますね、寒い日が続くとだんだんと足のむくみがきになる方が増えてくると思います。 …