GONZOOブログ

頭もエクササイズ

冷え性について

冷え性について

まだまだ寒い時期が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか?体調は崩されていませんか?
さて今回は「冷え」について。
いわゆる冷え性でお困りの方には非常につらい季節だと思います。
冷えは万病の元と言われるくらい、筋肉を硬くして痛みを引きをこしたり、免疫力を低下させたりカラダに良いことはありません。
そこで、冷えを改善する良い方法に基礎代謝を増やすことがとても効果があると言われています。

基礎代謝を上げる方法は

①食事、睡眠、生活のリズムなどバランスを整える。
②筋肉を鍛える
③血流を良くする

などがあります。

基礎代謝は何もしないでも1日に消費するエネルギーの事を言います。
消費する器官にはまず内臓や、脳などがありますが、これは自分の意思で動かすことは難しいのでコントロールできません。

次に、
①食事、睡眠、生活のリズムなどバランスを整える。
これにより改善可能な部分でありますが、
今までの生活を見直しゆっくり効果が出てくる部分ですので、明確な効果を出すことは非常に時間がかかり容易ではありません。

そして、
②筋肉を鍛える。
筋力は自分で動かし鍛え、代謝を上げることが出来ます。
骨格筋は基礎代謝全体の40%を消費しています。そして骨格筋は最大の産熱器官でもあります。
寒い時にブルブル震えることがありますよね?
これは脳が筋肉に指令を送って筋肉を動かし熱を産もうとしているのです。

さらに、
③血流を良くする
筋肉を動かすことは血流を促進するポンプの役目もしておりますので、血流は良くなります。

筋を動かし鍛えることは代謝を上げるのに最も効率が良いことと言えるのです。

でも、筋肉は30歳からは年に0.5%~1%萎縮していくと言われています。
なにもしなければ70歳で20代の時の60%の筋しかなくなる方もいらっしゃることになります。
しかも寝たきりになると1日で0.5%、1カ月で10%も一気に衰えるようになるとも言われています。
そんな、使わなければすぐ衰えてしまう筋肉ですが、
年齢には関係なく鍛えることができます。

寒い冬こそ「エクササイズ」で代謝と血流を上げ、
さらにマッサージで血流と代謝を良くして、冷え対策をし長期的に健康なカラダを目指しましょう。
鍛える筋肉は大きければ大きいほど、代謝、熱量は大きくなります。
また、自分のカラダの弱い部分を重点的に鍛えることによって、効率的にカラダを変えることができます!

Write a Comment

腰痛

少し前に腰痛のあった小林です。一口に腰痛と言ってもいろいろなタイプがあるのをご存知でしょうか。座っていると出る …

指先のしびれ・指の痛み

最近お越しいただいている方になんだかやたらと多い症状があります。 それは「指先のしびれ」「指の痛み」などです。 …

足のむくみ

11月になり寒い日が続いていますね、寒い日が続くとだんだんと足のむくみがきになる方が増えてくると思います。 …