GONZOOブログ

日常にストレッチをとりいれよう

日常にストレッチをとりいれよう!

体はなんと600個以上の筋肉で作られています。

筋肉ひとつひとつにきちんと役割があり、お互いうまく協調しながら体を動かしています。でも柔らかく柔軟に伸び縮みすることのできる筋肉、悪い姿勢や誤った日常動作のクセなどの影響を受けやすく、時には短く縮んだ状態で凝り固まってしまう事もあります。

もし一つの筋肉が凝り固まってしまうと、、、

  1. 周りの筋肉まで凝り固まってしまう。
  2. 反対側にある筋肉は逆に引き伸ばされてしまう。

こんなことが体では起きてきます。

筋肉は引き伸ばされても、短く縮んでしまっても本来の機能を発揮する事ができず機能が低下してしまいます。

1つの筋肉の凝り固まり → 周りの筋肉の機能低下 → 反対側の筋肉の機能低下

と連鎖するように広がっていき、そしてそれがさらに繰り返されていく…。

すると体全体としての機能も低下してしまい、

  • 「疲れやすくなる」
  • 「姿勢がさらに悪くなる」
  • 「歩きずらくなる」
  • 「体のどこかに痛みがでる」

といった症状につながる可能性があるのです。

でも、600個以上もある筋肉のどこが凝り固まってしまっているのか、なかなか自分では分からないものです。そこで客観的な全身の柔軟性チェックを行う事によって体のどこの筋肉が凝り固まってしまっているのかを特定する事ができます。凝り固まってしまっているところは人それぞれ違うため、自分の体の凝り固まっている筋肉を特定しその筋肉を伸ばすストレッチ選び出し「自分ストレッチ」を行う事が効果的です。日常に「自分ストレッチ」を取り入れ、体のコンディショニングを行い、ずっと健康な体で生きて行きましょう!!

Write a Comment

腰痛

少し前に腰痛のあった小林です。一口に腰痛と言ってもいろいろなタイプがあるのをご存知でしょうか。座っていると出る …

指先のしびれ・指の痛み

最近お越しいただいている方になんだかやたらと多い症状があります。 それは「指先のしびれ」「指の痛み」などです。 …

足のむくみ

11月になり寒い日が続いていますね、寒い日が続くとだんだんと足のむくみがきになる方が増えてくると思います。 …